転職 メール

転職活動におけるメールの重要性

転職,メール

今日では様々なものの情報化が進み、電子メールを誰もが皆もっている時代になりました。転職活動においてもその重要性は高く、試験や面接に関する情報がメールで送られてくることもしばしばあります。これは、情報を送受信した記録が残されるため、電話や口頭で伝えたり、書面で受け渡しをするよりも証拠が残されるということが保証されているからであり、万が一トラブルがあった際に互いにフェアな関係で情報の伝達があったかどうかを調べることができるからです。そういった記録の残る情報通知の方法としてとても有効ではありますが、返信が要求されている場合に、転職をする側から見れば速やかに返事をしないと採用されなくなってしまうのではないかと不安になってしまいがちです。先着順で面接の順番を決めるということもしばしばあるため、返信した順番が面接の結果に多かれ少なかれ影響を与えてしまうことは否定できませんが、本当に採用試験を受ける用意ができているのであれば、そのタイミングが結果を大きく左右することはないと考えてよいでしょう。また、採用通知に対する返事が遅いと不採用になるという話もされることがありますが、企業側としてはその人材が欲しいからこそ内定をだしているのでそんな心配をする必要はありません。しかし、早めに返事をするのはマナーですので常識的な範囲で返事をしましょう。 211

転職の際の保険について

転職,メール

一般の人が転職に際して気をつけることは、給与の増減とか休日のこととか仕事内容に関することがほとんどです。しかし、会社員であるということは健康保険とか年金などに加入していることでもあります。普通の人はそれほど意識することなく病院に行ったり年金の保険料を支払っていますが、会社の規模によってそれらも違っているのが実情です。つまり、転職に際してはそうしたことにも注意が必要ということになります。 例えば会社員から自営業者へ転職をする場合は大きな違いが生じます。自営業者は地域の国民健康組合に加入することになりますが、企業の組合とは内容に違いがあります。それは自己負担額が1割だったり3割だったりすることや、休業補償が受けられたり受けられなかったりするからです。ちなみに、地域の組合の場合は休業補償という制度はありません。 このように加入する組合により自己負担する金額が変わってきますので、仮に給与や休日などでほとんど差がない企業を比べるときは社会人が生きていくうえでの社会的インフラといえる社会保険の内容を比較することも判断材料になります。「なります」というよりも、判断材料にすべきです。なぜなら、将来にわたって大きく影響を与えるからです。 仮に、1ヶ月の負担が1万円違うなら1年に12万円です。それが10年なら120万円です。それだけはありません。国民年金などは一生涯の収入に影響します。ですから、転職を考えるときは給料や休日だけではなく、社会的インフラについてしっかりと比較することはとても重要です。 212

更新履歴